ホテル Rothenburger Hof ドレスデン ドイツ
Es sind schon ganz andere Dresden ´s Zauber erlegen !  Ihr Dresden Hotel im Zentrum der Kunststadt. Das City-Hotel Stadt Dresden und sein Schwesterhotel Rothenburger Hof liegen nahe dem quirligen Lebens der Restaurant- Kneipenmeile, sowie am Elberadweg.
| Ohodnocení hotelu | Prospekt hotelu | Impressum |

2007年 クリスマス市 in ドレスデン

Neue Seite 1

73回目のクリスマス市はフェルディナンド広場(Ferdinandsplatz)にて開催・多彩なクリスマスコンサートとイベント情報

冬になると楽しみになるのが、アドベントの期間に開かれるクリスマス市です。 ドイツで一番古い、魅力あるクリスマス市がドレスデンで毎年開かれています。2007年は、573回目となるシュトリーツェルマルクトすなわちクリスマス市は、クリスマス前の雰囲気を楽しむ冬の情緒になっています。 

今年のクリスマス市は、伝統あるアルトマルクトではなく、フェルディナンド広場で開催されます。アルトマルクトは、地下駐車場建設のため,工事が進められているからです。しかし、場所がかわっても、クリスマスの飾りをつけた屋台は、例年通り230店並びます。今年も店を見ながら、ぶらぶら歩きが楽しめます。 

屋台は、11月28日から12月24日まで、毎日10時から20時(24日は14時)まで開きます。市を歩いていると、アーモンドに砂糖を付ける甘い香りがただよってきたり、グリューワインが飲めたり、ドレスデン特製クリスマスケーキが買えます。クリスマス市の名前の由来にもなった特製ケーキ、シュトーレン祭りは、12月8日に催されます。4トンもの重さのシュトーレンが、ツヴィンガーから始まり、ゼンパーオーパー、宮廷教会、フラウエン教会を通りすぎ、クリスマス市の会場まで運ばれます。その後、会場では、ナイフを入れる儀式が行われます。

ドレスデン特製ケーキだけが、お祭り 気分を演出しているわけではありません。 地元の手作り作品もたくさん並びます。また、12月15日には、クリスマス市に設置された舞台でいろいろな歌が披露されます。
クリスマス市の中心には、世界一高い14メートルのクリスマスピラミッドが立ちます。このピラミッドフェストの時には、クリスマスにちなんだ歌合戦が企画されています。

市に並ぶ屋台では、エルツ山脈やラウジッツで作られた、ピラミッドのミニチュアや、他の伝統ある手作りオーナメントを探す楽しみもあります。

町のいたるところで、同様に、11月末からクリスマスイブまで屋台が並びます。中央駅からプラガーシュトラッセ、そのまま新市街まで続きます。新市街では、ハウプトシュトラッセや、バロック様式の建物が並ぶケーニッヒシュトラッセで、クリスマスの雰囲気が味わえます。また、ドレスデン王宮に続くシュタルホフでは、中世の時代の雰囲気の市が開かれます。そこでは、クリスマス市が始まったころの伝統をそのまま引き継いでおり、手作りの品々をつくる工芸 職人の技や、週末には曲芸師のいろいろな出し物を楽しむことができます。
クリスマス市をぶらついていて、手足が冷たくなってきたら、美術館や博物館見学、音楽鑑賞などで、体を温めましょう。たとえば、ゼンパーオーパーで、オペラ鑑賞など。12月はジョン・ノイマイヤー演出のバレエ「くるみ割り人形」や、「ヘンゼルとグレーテル」はエンゲルバート・フンペルディンクスのすばらしい演出で、メルヘンの世界へ誘ってくれます。メルヘンの「ヘンゼルとグレーテル」は、ドレスデン・シュターツ オペレッタにおいても上演されます。また、カール・ミレッカー演出の「こじき学生」という演目もあります。クリスマスと翌日の26日には、ドレスデンフィルハーモニーが、文化会館・クルチュアパラストに おいて、チャイコフスキー交響曲第一番「冬の夢」と、コンサート 形式でリムスキー=コルサコフのオペラ「クリスマスイブ」を演奏します。メルヘンの世界のクリスマスを、音楽で楽しんでください。

その他に、フラウエン教会においても、アドベントやクリスマスにシンフォニーコンサートが企画されています。また、十字架教会においての、バッハのクリスマス・オラトリオを忘れてはなりません。あまり知られていないところで、ドライケーニッヒ教会での、コンサートを聴くというのはいかがでしょうか。

「バロック風クリスマスコンサート」という情緒豊かなコンサートは、ツヴィンガーにおいて昔の雰囲気をかもし出しながら上演されます。また、ラーデボイルのヴァッカバート館では、ソロのコンサート、同じくラーデボイルにあるランデスビューネ・ザクセンにおいても、コンサートがあります。

美術館、博物館での見学は、もちろん、とても快適です。特に、イエーガーホフと呼ばれる民芸博物館においては、特別展示もあり、伝統あるクリスマスの雰囲気を、さらに盛り上げてくれます。


イベント、コンサート、特別展情報                  2007年7月15日現在

ザクセン州立オペラ座、ゼンパーオーパー
Sächsische Staatsoper Dresden, Semperoper:

- ヘンゼルとグレーテルHänsel und Gretel:      
12月2日11時、4日14時と19時30分、16日11時、20日19時30分
- くるみ割り人形Der Nussknacker:
12月3日19時、6日19時、17日19時、22日19時、25日18時、
27日14時30分と19時30分、29日18時、30日11時
- www.semperoper.de

州立オペレッタ Staatsoperette Dresden:
- ヘンゼルとグレーテルHänsel und Gretel: 12月1日15時と19時、
2日15時、15日15時と19時、16日15時、18日19時30分、
22日15時と19時、23日15時、
- こじき学生Der Bettelstudent: 12月25日19時、26日15時
- www.staatsoperette-dresden.de

ドレスデンフィルハーモニー Dresdner Philharmonie im Kulturpalast:
- チャイコフスキー/リムスキー・コルサコフ:
12月25日19時30分、26日11時と19時30分
- www.dresdnerphilharmonie.de

フラウエン教会Frauenkirche:
- オルガンコンサート:12月2日21時、9日21時、16日21時、30日21時
- バッハ:クリスマス・オラトリオ
12月8日19時30分、10日19時30分、11日20時、15日20時
- www.frauenkirche-dresden.de

民芸博物館 Museum für Sächsische Volkskunst (Köpckestraße 1):
- クリスマス特別展示 12月1日から2008年1月13日まで (月曜日休館)

市史博物館 Stadtmuseum Dresden (Wilsdruffer Straße 2):
- クリスマス特別展示 12月2日から2008年1月7日まで

クリスマス時期においての、全てのイベント、コンサート、特別展示に関する情報は、
下記のホームページで確認することができます。 



ドレスデン記録づくし
ホテル Rothenburger Hof ドレスデン ドイツ
メディア情報
2007年 クリスマス市 in ドレスデン
1707年から1709年ヨーロッパで初めての磁器がドレス ヨーロッパで最も華麗な宝物館
モーツァルトとドレスデン
おそらく最も名の知られたザクセン選帝候ポーランド王の治世の成果
バロックの巨匠の足跡を訪ねて
ドレスデン ドイツ
オンライン予約 - Online Reseervation


Rothenburger-Hof, Rothenburger-Str. 15-17, 01099 Dresden Tel.: 0351 / 81260, Fax: 0351 / 8126 222, info@rothenburger-hof.de, www.rothenburger-hof.de

Sterne:  Das Hotel Rothenburger Hof beteiligt sich (einschließlich der untrennbar verbundenen Räumlichkeiten des Cityhotel Stadt Dresden Rothenburger Hof  Vermietungs- und Verwaltungs  GmbH) seit 2004 an der Dehoga Klassifikation und wird regelmäßig mit 4 Sternen klassifiziert. Die ggf. vorliegende aktuelle Klassifizierung und die Kriterien können Sie unter  www hotelsterne de tagesaktuell nachschlagen. Da die verschiedenen Klassifizierungen (z.B. Hotel Klassifizierung versus G/P/F-Klassifizierung) bzw. deren Sterne zunehmend von Gewerbevereinen oder Konkurenten zum Erstereiten von für Laien nur schwer verständlicher Urteile genutzt werden, werben wir grundsätzlich nicht mehr mit Sternen. Soweit wir irgendwo noch übersehene Sterne benutzen sollten, gehen diese auf den HRS-Standard (Einschätzung durch HRS, HRS-Kunden und Selbsteinschätzung), den Bookings-Standard (Bewertung spiegelt wieder wie die Unterkunft im Hinblick auf die branchenüblichen Standard bezüglich Preis, Auststattung und der angebotenen Services abschneidet, Selbsteinschätzung), also eine Selbsteinschätzung zurück.